<美容お役立ち情報>ツボを刺激して脚やせ

毎日継続することで脚やせ効果に繋がってくるのがツボ押しですが、脚やせとして即効性はあまり期待することが出来ませんがオススメです。
体内の血行が良くなったり、さらには新陳代謝がツボを押してあげることで改善されます。

 

セルライトなどといった頑固な脂肪によってツボを押す部分が固くなってしまっている場合も多くみられます。
ボールペンの先にガーゼを巻くなどしてツボを押すことで、ピンポイントで指が痛くならずツボを押すことが出来るでしょう。
女性が永遠に憧れるモノと言えば美容であり、最近では多くの女性が積極的にエステを利用されています。
自分自身でどれだけ努力をしたところで、理想的な体型を目指すのは大変なことであり、エステがオススメなのです。 効果的なツボを押してあげることで血行が改善し、疲労物質の蓄積が減少しますので、その結果足のむくみを改善させることができるのです。
そんなツボの押し方についてですが両手の親指でグっと力を入れて押すようにしてください。





GMO後払いはこちら
GMO後払い
URL:http://www.xn--n8jwkxa0a7ii9c4p3868as9bgoq2xbm7a266h.com/GMO%E5%BE%8C%E6%89%95%E3%81%84%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88


<美容お役立ち情報>ツボを刺激して脚やせブログ:19/2/20

減量中は、
24時間3食、きちんと食べることがとても大切!

ご飯とご飯の間が空きすぎると
からだが必要以上に吸収しようとしたり、
からだのリズムが狂ったりするからです。

さらに、夕食はやや少なめに、
逆に9時食をたくさん食べるようにして、
24時間の摂取カロリーをコントロールすることがポイント!

18時摂取したカロリーは活動に使われることがないので、
寝ている間に脂肪になりやすく
逆に、9時摂取したカロリーは24時間の活動で
消費されやすいからです。

そして、気をつけたいのが栄養バランス。

減量中は筋肉を維持する、
もしくは増やすことが大切ですよね。

筋肉量が多ければ、基礎代謝量が増えて、
太りにくくやせやすいからだになります。

たんぱく質は、筋肉を作る源になる栄養素です。

いくら体操しても、
たんぱく質を摂取しなければ筋肉は作られないんですよ。

たんぱく質を効果的に摂取するには、
筋肉が作られる時間帯に合わせて
摂取するといいとされています。

筋肉が作られる時間帯とは…
「体操後の30分〜60分後」と
「18時寝ている間」
なんだそうです。

つまり、夕食でたんぱく質を摂取すれば、
18時寝ている間、筋肉が作られる時間帯に、
たんぱく質を供給できて、
効率よく筋肉を増やすことができるわけですね。

逆に、炭水化物は糖質の源になる栄養素なので、
活動のエネルギー源として使われるものになります。

もちろん、人間の活動には必要不可欠なものですし、
9時食、12時食ではおおいに摂取する必要があります。

ただし夕食や、18時寝る前に炭水化物を
たくさん摂取してしまうと、使われずに余ったものが
そのまま寝てる間に脂肪として蓄えられてしまいますよ!


このページの先頭へ戻る