<美容お役立ち情報>ツボを刺激して脚やせ

毎日継続することで脚やせ効果に繋がってくるのがツボ押しですが、脚やせとして即効性はあまり期待することが出来ませんがオススメです。
体内の血行が良くなったり、さらには新陳代謝がツボを押してあげることで改善されます。

 

セルライトなどといった頑固な脂肪によってツボを押す部分が固くなってしまっている場合も多くみられます。
ボールペンの先にガーゼを巻くなどしてツボを押すことで、ピンポイントで指が痛くならずツボを押すことが出来るでしょう。
女性が永遠に憧れるモノと言えば美容であり、最近では多くの女性が積極的にエステを利用されています。
自分自身でどれだけ努力をしたところで、理想的な体型を目指すのは大変なことであり、エステがオススメなのです。 効果的なツボを押してあげることで血行が改善し、疲労物質の蓄積が減少しますので、その結果足のむくみを改善させることができるのです。
そんなツボの押し方についてですが両手の親指でグっと力を入れて押すようにしてください。





GMO後払いはこちら
GMO後払い
URL:http://www.xn--n8jwkxa0a7ii9c4p3868as9bgoq2xbm7a266h.com/GMO%E5%BE%8C%E6%89%95%E3%81%84%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88


<美容お役立ち情報>ツボを刺激して脚やせブログ:18/11/25

皆さん
こんばんわです^^

減量中には
肉よりも脂肪が少ない魚のほうがいいのは
いまさらいうまでもありませんね。

ですが魚といってもいろいろあります。
その中でも
減量に効果的なのは、白身魚です

確かに
一般的には肉よりも魚のほうがカロリーは低めです。
ですから
減量中に積極的に
魚を食べるのは間違いではありません。

だからといって、もちろん食べ過ぎは禁物です。
しかも、どんな魚でも食べていいと言う訳ではないんですよね!

減量中、食べてはいけない魚とは…

注意したいのが
比較的高カロリーのものがあるということなんです。

例えば、
いわし・さば・さんま・ぶり・トロを
思い浮かべてもらえればわかるのですが
これらはみんな脂がのっていますよね。

だからこそおいしいのですが、
やはり脂が乗っている分
カロリーも高く、脂肪も多いので
減量には不向きな魚です。

せっかく肉を減らして魚を食べるようにしても
正しいカロリー知識がないと
減量の努力も無駄になってしまいますよ。

そうならないためにも
減量のために魚を食べるなら白身魚が一番!
低カロリーで脂肪分が少ないので
減量効果も高いですよ。

また、白身魚以外でも
まぐろの赤身やかつおなんかは脂肪分が少ないですし、
他にもいか・えび・ほたてなんかもカロリーは低めですから
減量中でも問題なし!

ということは、
減量中でも、
夕食を食べに
お寿司屋さんに行っても大丈夫って事ですね。

脂ののったネタを避けるのは、かな〜りつらいですが、
ほとんどのものが食べられるし、お酢も体質にいいですもんね。

―地球滅亡まであと427日―

このページの先頭へ戻る